ハウスクリーニング|費用や料金・行い方・業者選び・注意点等

ハウスクリーニングとは、住宅や建物内の清掃を専門とする業者に依頼して行う、床や壁、窓やドアなど、家の中のあらゆる箇所の掃除を指します。ハウスクリーニングを行うことにより、快適な生活環境を維持することができます。以下では、ハウスクリーニングの費用や注意点、依頼する業者について詳しく説明します。

ハウスクリーニングの種類

ハウスクリーニングには様々な種類があります。以下に主な種類を説明します。

  1. 一般的なハウスクリーニング
  2. 家全体の掃除を行います。浴室、キッチン、リビングルーム、ベッドルームなどの各部屋を掃除し、ダストを取り除いたり、床や壁を拭いたりします。

  3. 深いクリーニング
  4. 一般的なクリーニングよりも徹底的に掃除を行います。通常、床、壁、窓、シャワーやトイレのタイル、カーペットなど、部屋のすべての面を掃除します。

  5. キッチンクリーニング
  6. キッチンの表面やコンロ、シンク、オーブン、レンジフードなどを掃除します。また、冷蔵庫やキャビネットの内部も清掃します。

  7. バスルームクリーニング
  8. バスルームの床、壁、トイレ、シャワー、バスタブ、シンクなどを掃除します。カビや水アカを取り除くのが主な目的です。

  9. マットレスクリーニング
  10. マットレスを掃除し、ダスト、ハウスダスト、ダニ、カビなどを取り除きます。

  11. カーペットクリーニング
  12. カーペットを徹底的に掃除し、ダスト、汚れ、シミ、ニオイなどを取り除きます。

  13. ウィンドウクリーニング
  14. 窓の内部と外部を掃除し、汚れやシミを取り除きます。

  15. ソファクリーニング
  16. ソファやクッションを掃除し、ダストや汚れを取り除きます。

以上が一般的なハウスクリーニングの種類です。ただし、サービスによって提供されるサービスが異なる場合があります。お掃除には様々な業者があり、それぞれが提供するクリーニング方法、価格、利用できる範囲などが異なるため、注意が必要です。

ハウスクリーニングの費用と相場

ハウスクリーニングの費用は、地域や業者によって異なります。また、サービス内容によっても価格が変わることがあります。以下に、一般的なハウスクリーニングの費用と相場を説明します。

  1. 1LDKのアパートやマンションの場合
    • 基本的な掃除(床掃除、拭き掃除、ゴミ捨て、トイレ掃除など):約1万円〜2万円程度
    • キッチンやバスルームなどの追加掃除:約2,000円〜5,000円程度
    • エアコン掃除:約3,000円〜5,000円程度
    • 窓掃除:約3,000円〜5,000円程度
  2. 一軒家の場合
    • 基本的な掃除(床掃除、拭き掃除、ゴミ捨て、トイレ掃除など):約2万円〜4万円程度
    • キッチンやバスルームなどの追加掃除:約3,000円〜8,000円程度
    • エアコン掃除:約5,000円〜8,000円程度
    • 窓掃除:約5,000円〜10,000円程度

これらの金額はあくまでも一般的な相場であり、業者や地域によって異なる場合があります。また、クリーニングする部屋数や内容、家の大きさなどによっても金額は変動するため、正確な見積もりを取ることが必要です。

以下は、ハウスクリーニングの種類による費用と相場です。

  1. 一般的なハウスクリーニングの費用と相場
  2. 床掃除、拭き掃除、ゴミ捨て、トイレ掃除、テーブル拭きなど、一般的な掃除作業:1LDKの場合、1万円〜2万円程度、一軒家の場合、2万円〜4万円程度。
    ※部屋数や広さ、クリーニングの内容によって金額は異なります。

  3. 深いクリーニングの費用と相場
  4. キッチンやバスルーム、トイレ、窓、床など、徹底的にクリーニングする作業:1LDKの場合、3万円〜6万円程度、一軒家の場合、5万円〜10万円程度。
    ※クリーニングの内容、広さ、部屋数、状態によって金額は異なります。

  5. キッチンクリーニングの費用と相場
  6. キッチン内部や排水口、シンク、ガスコンロ、レンジフードなどのクリーニング:1LDKの場合、2,000円〜5,000円程度、一軒家の場合、3,000円〜8,000円程度。
    ※キッチンの広さ、汚れ具合によって金額は異なります。

  7. バスルームクリーニングの費用と相場
  8. 浴槽、シャワーヘッド、排水口、タイル、鏡などのクリーニング:1LDKの場合、2,000円〜5,000円程度、一軒家の場合、3,000円〜8,000円程度。
    ※バスルームの広さ、汚れ具合によって金額は異なります。

  9. マットレスクリーニングの費用と相場
  10. ダニやホコリの除去、消臭、洗浄などのクリーニング:1台あたり、1,500円〜3,000円程度。
    ※マットレスのサイズ、枚数によって金額は異なります。

  11. カーペットクリーニングの費用と相場
  12. カーペットのクリーニング:1平方メートルあたり、1,500円〜3,000円程度。
    ※カーペットの広さ、素材、汚れ具合によって金額は異なります。

  13. ウィンドウクリーニングの費用と相場
  14. 窓枠やサッシ、窓ガラス、網戸などのクリーニング:1枚あたり、1,000円〜2,000円程度。
    ※窓の数、大きさ、クリーニングの内容によって金額は異なります。

  15. ソファクリーニングの費用と相場
  16. ソファのクリーニング:1人掛けあたり、2,000円〜5,000円程度、2人掛けあたり、3,000円〜6,000円程度。
    ※ソファの広さ、素材、汚れ具合によって金額は異なります。

以上が、一般的な各種クリーニングの費用と相場についての説明です。ただし、金額は目安であり、クリーニング業者や地域によって異なる場合がありますので、事前に見積もりを依頼して、自分に合ったプランを選ぶことが大切です。また、深いクリーニングなど、特別なクリーニング作業を希望する場合は、追加料金が発生する場合がありますので、事前に確認することをおすすめします。

なお、同じハウスクリーニングでも料金価格に影響する要因は以下の通りです。

  1. 家の大きさや部屋の数:家が大きければ、クリーニングにかかる時間や労力が増えるため、価格が高くなることがあります。
  2. 掃除する場所の種類:キッチンやバスルームなど、特別な掃除が必要な場所は価格が高くなる傾向があります。
  3. 汚れの程度:汚れがひどい場合は、追加のクリーニング剤や時間が必要になるため、価格が高くなることがあります。
  4. 頻度:クリーニングを定期的に行う場合は、一度だけのクリーニングよりも割引価格が適用されることがあります。

ハウスクリーニングの費用の抑え方

ハウスクリーニングの費用を抑えるためには、以下のような方法があります。

  1. 自分でできる清掃は自分で行う
  2. クリーニング業者に依頼する前に、自分で掃除できる箇所は自分で行いましょう。例えば、床や家具の拭き掃除、食器の洗浄などは自分で行うことで、クリーニング業者に依頼する項目を減らすことができます。

  3. 複数の業者から見積もりを取る
  4. 複数のクリーニング業者から見積もりを取ることで、料金の比較や競争を促すことができます。また、見積もりの際に、業者に希望するクリーニング箇所や内容、期限などをしっかりと伝えることで、より正確な見積もりを出してもらえます。

  5. 集中的にまとめて依頼する
  6. 一度に複数の箇所を依頼することで、業者の作業効率が上がるため、料金が安くなることがあります。また、定期的なクリーニングを依頼する場合は、一定期間まとめて依頼することで割引が適用されることがあります。

  7. 予約のタイミングを見極める
  8. 混雑期や繁忙期など、需要が高まるタイミングでは料金が高くなることがあります。一方、閑散期など需要が低くなるタイミングでは、業者からの提供される割引やキャンペーンを活用することで、料金を抑えることができます。

  9. クーポンを利用する
  10. クリーニング業者が発行するクーポンや割引券を利用することで、費用を抑えることができます。特に、初めて利用する顧客向けの割引キャンペーンや、インターネット限定のクーポンを活用することで、よりお得にクリーニングを依頼することができます。

以上のような方法を活用することで、ハウスクリーニングの費用を抑えることができます。しかし、料金の安さだけに目を向けず、信頼性や品質面なども考慮した上で業者を選ぶことが大切です。

ハウスクリーニングの依頼の手順

ハウスクリーニングを依頼する手順は以下の通りです。

  1. 依頼する箇所や内容を決める
  2. クリーニングしたい箇所や内容を明確にしましょう。例えば、一般的なハウスクリーニングやキッチン・バスルームクリーニング、ソファ・カーペットクリーニング、ウィンドウクリーニングなどがあります。また、クリーニングの頻度や期限なども決めておきましょう。

  3. クリーニング業者を選ぶ
  4. インターネットやチラシ、口コミなどからクリーニング業者を選びましょう。業者の評判や信頼性、料金やサービス内容、対応力などを比較することが重要です。また、業者によっては提供するサービスや対応範囲が異なるため、依頼する前に確認しておきましょう。

  5. 見積もりを依頼する
  6. 選んだクリーニング業者に見積もりを依頼しましょう。見積もりの際には、依頼する箇所や内容、期限、料金などを明確に伝えることが重要です。また、複数の業者から見積もりを取ることで、比較検討がしやすくなります。

  7. 業者と契約を結ぶ
  8. 見積もりが決まったら、業者と契約を結びましょう。契約内容には、クリーニング内容や期限、料金、キャンセルポリシーなどが含まれます。契約前には、不明点や確認事項を業者に確認することも大切です。

  9. クリーニング作業の実施
  10. 業者がクリーニング作業を実施します。作業前に、クリーニング箇所を確認し、特に注意すべき箇所があれば指示を出しておきましょう。

  11. 完了確認と支払い
  12. クリーニング作業が終了したら、クリーニング箇所を確認し、クリーニングが十分に行われているかを確認しましょう。問題がなければ、支払いを行います。支払い方法や期限などは、契約時に決めておくこが重要です。

  13. アフターケア
  14. クリーニング作業が終了してからも、必要に応じてアフターケアが必要になる場合があります。例えば、クリーニング後に気になる箇所があった場合は、業者に連絡して修正を依頼することができます。また、定期的なクリーニングを希望する場合は、業者と相談して契約を更新することもできます。

以上が、ハウスクリーニングを依頼する手順になります。依頼前には、業者の選び方や注意点、クリーニング内容や料金、契約内容などをよく確認しておくことが大切です。

全国のハウスクリーニング業者の一覧から探す

ハウスクリーニングの注意点

ハウスクリーニングを依頼する際には、以下のような注意点に注意してください。

  1. 業者の信頼性を確認する
  2. クリーニング業者を選ぶ際には、信頼性があるかどうかを確認することが大切です。業者の評判や口コミ、実績、所在地や許認可状況などを調べて、信頼できる業者を選びましょう。また、適切な許可を持っているかどうか、クリーニング方法や使用する化学物質などについてどのような情報を提供しているかなどを確認することが重要です。複数の業者から見積もりを取り、比較検討することで、コストパフォーマンスの高い業者を選ぶことができます。

  3. 悪質な業者に注意
  4. ハウスクリーニング業者には、悪質な業者も存在します。事前に契約書やクリーニング方法、料金についての情報を提供しない、不適切なクリーニング方法を使用する、料金を事前に提示しないなどの問題が発生する場合があります。信頼できる業者を選ぶために、ネット上での口コミや評価、知人の紹介などを活用することが重要です。

  5. 料金について確認する
  6. クリーニング業者の料金は、作業内容やサービス内容、時間帯、地域などによって異なるため、事前にしっかりと確認しましょう。また、料金以外にも、支払い方法やキャンセル料なども確認しておくことが大切です。

  7. 作業内容やサービス内容を確認する
  8. 業者によって、提供するクリーニングサービスや作業内容が異なる場合があります。依頼前に、作業内容やサービス内容をしっかりと確認して、自分の希望に合った業者を選びましょう。

  9. 作業前に必要な準備をする
  10. 業者によっては、作業前に部屋を片付けたり、家具を移動したりすることが必要な場合があります。依頼前に、業者から必要な準備について確認しておきましょう。

  11. クリーニング前の準備
  12. 掃除員が来る前に、家を掃除し、クリーニングがスムーズに進むように準備することが重要です。また、クリーニングの前に不要な物を処分することで、クリーニング費用を抑えることができます。

  13. 言葉遣いや作業態度に注意する
  14. 業者の作業態度や言葉遣いが不適切な場合は、クレームをつけることができます。業者に対して、丁寧な言葉遣いや作業態度を求めることができるよう、依頼前に条件を提示しておくことが大切です。

  15. 作業中は安全に気を付ける
  16. 作業中は、クリーニング剤や機器を使用するため、危険が伴う場合があります。業者によっては、必要な保護具を着用したり、周囲に注意喚起を行ったりすることがありますが、自分自身も安全に気を付けて、作業中は近づかないようにしましょう。

  17. 途中でキャンセル料が発生する場合がある
  18. クリーニング業者によっては、予約後にキャンセルする場合にキャンセル料が発生することがあります。予約前にキャンセル料の有無を確認し、必要に応じてキャンセルポリシーについて詳しく調べることをお勧めします。

  19. 適切なクリーニング方法を選択する
  20. 家具や床など、異なる素材の表面にはそれぞれ適切なクリーニング方法があります。素材に合わせたクリーニング方法を選択しないと、表面を傷つけたり汚染物質を取り除くことができなかったりする可能性があります。

  21. 掃除員への説明
  22. クリーニング業者に依頼する際に、どのような箇所に重点を置くか、特別な要望がある場合は事前に掃除員に伝えることが重要です。また、使用する化学物質についてアレルギーなどの情報も共有することが重要です。また、クリーニング作業中は家の中を歩き回る作業員がいることがあります。そのため、大切なものや壊れやすいものは事前に移動させておくことが望ましいです。

  23. 非常に汚れた箇所は事前に知らせる
  24. 特に深いクリーニングを依頼する場合、事前にクリーニング業者に非常に汚れた箇所があることを知らせることが重要です。業者は必要に応じて、より適切なクリーニング方法や追加料金についてアドバイスすることがあります。

  25. 貴重品を安全に保管する
  26. クリーニング業者によっては、貴重品の保管や扱いについて責任を負わない場合があります。事前に貴重品の扱いについて確認し、必要に応じて貴重品を別の場所に移動するなどの対策を取ることをお勧めします。

  27. ホームオーナー保険を確認する
  28. クリーニング業者によっては、事故や損害が発生した場合でも責任を負わない場合があります。自宅のホームオーナー保険によってカバーされる範囲を確認し、必要に応じて保険をアップグレードすることをお勧めします。

  29. 掃除員に十分な休憩時間を与える
  30. 掃除員は一日に何軒もの家庭を訪問し、過密スケジュールを抱えることがあります。掃除員には十分な休憩時間を与え、疲労やストレスを軽減することが重要です。また、水やトイレなどの基本的なニーズに応える場所があることを確認することも重要です。

  31. ペットの安全を確保する
  32. ペットを飼っている場合、クリーニング業者に対してペットの存在を知らせ、ペットが不安な状況にならないように注意することが重要です。また、ペットの餌やトイレなどの必需品を確保し、ペットの安全を確保するためにクリーニング業者とコミュニケーションを取ることが重要です。

  33. 感謝の気持ちを示す
  34. クリーニング業者には、家を清潔にしてくれたことに感謝の気持ちを示すことが重要です。感謝の気持ちを表すために、チップを渡すこともできます。また、口頭でのお礼の言葉や、ポジティブな口コミを書くこともクリーニング業者に対する感謝の気持ちを伝える方法です。

  35. 傷つきやすいものの保護
  36. クリーニング中に家具や壁などに傷がつかないように、保護をすることが重要です。特に、フローリングや絨毯のような床には、傷つきやすいものが多いため、掃除員に保護をするように指示することが重要です。

  37. クリーニング後の確認
  38. クリーニングが終わった後、掃除員と一緒に家を確認し、何か問題がある場合は即座に指摘することが重要です。また、クリーニング後に家を清潔に保つためのアドバイスを受けることも重要です。

  39. 人気の時期は予約が取りづらい
  40. ハウスクリーニングは、春や秋の大掃除の時期に人気があります。そのため、予約が取りづらくなる場合があります。ハウスクリーニングを考えている場合は、早めに予約することが重要です。

  41. 自己判断でのクリーニングは危険
  42. 掃除が苦手な人や時間がない場合、自己判断でクリーニングを行うことは危険です。特に、高い場所のクリーニングや重い家具の移動などは、けがや破損のリスクが高いため、プロに依頼することが安全であると言えます。

最後に、クリーニング後には必ず清掃業者による作業完了の確認を行いましょう。清掃業者によっては、クリーニング完了後にチェックリストを提出してくれる場合もあります。また、何か問題があった場合は、速やかに清掃業者に連絡して解決策を見つけましょう。
以上が、ハウスクリーニングの注意点です。これらの点を抑えてクリーニングを依頼することで、より効果的なクリーニングが期待できます。

全国のハウスクリーニング業者の一覧から探す

ハウスクリーニング業者の種類

ハウスクリーニング業者には大きく分けて、以下の3つの種類があります。

  1. フランチャイズ業者
  2. フランチャイズ業者は、特定のブランド名の下で統一されたサービスを提供する大手クリーニング企業です。多くの場合、国内外で多数の店舗を展開しており、店舗数が多いため、利用者の利便性が高いことが特徴です。また、企業規模が大きいため、機器や洗剤などの設備が充実していることが多いです。

  3. 地域密着型の業者
  4. 地域密着型の業者は、地元に根ざした小規模な業者です。地域の住民によって信頼され、地元で長年営業していることが特徴です。このため、サービス内容や価格帯について、顧客との信頼関係を重視しています。また、地元の環境や風土に精通しているため、クリーニングのニーズに合ったサービスを提供することができる場合があります。

  5. オンラインプラットフォーム
  6. オンラインプラットフォームは、インターネット上でクリーニング業者を探すことができるサービスです。多くの場合、複数のクリーニング業者が登録しており、利用者はサイト上で料金やサービス内容を比較し、自分に合った業者を選択することができます。また、オンラインプラットフォームには、予約システムが備わっている場合が多く、利用者はスマートフォンやパソコンから手軽に予約することができます。

以上が、ハウスクリーニング業者の種類です。各種業者にはそれぞれ特徴があるため、自分のニーズに合った業者を選ぶことが大切です。

全国のハウスクリーニング業者の一覧から探す

ハウスクリーニング業者の選び方

ハウスクリーニング業者を選ぶ際には、以下のようなポイントに注意することが大切です。

  1. 口コミや評判を確認する
  2. ハウスクリーニング業者のサービスを利用したことがある人の口コミや評判を調べてみましょう。SNSや口コミサイト、業者のウェブサイトなどから、他の利用者の評価を確認することができます。

  3. 料金やサービス内容を比較する
  4. 複数のハウスクリーニング業者の料金やサービス内容を比較して、自分に合った業者を選ぶことが大切です。料金だけでなく、サービス内容やプラン、利用可能な日程や時間帯なども確認しましょう。

  5. 業者の実績や信頼性を確認する
  6. ハウスクリーニング業者がどのような実績を持っているか、信頼性が高いかどうかを確認することも重要です。業者のウェブサイトや資料、業界団体などから、業者の実績や信頼性について調べてみましょう。

  7. スタッフの技術や対応力を確認する
  8. ハウスクリーニング業者のスタッフの技術や対応力が高いかどうかを確認することも大切です。スタッフの資格や技術力、対応力やコミュニケーション能力を確認し、信頼できる業者を選ぶようにしましょう。

  9. 保険や責任保険について確認する
  10. ハウスクリーニング業者が保険や責任保険に加入しているかどうかを確認することも大切です。業者のウェブサイトや資料、電話やメールで問い合わせて、保険についての詳細を確認しておきましょう。

以上のポイントを踏まえて、自分に合ったハウスクリーニング業者を選ぶようにしましょう。

全国のハウスクリーニング業者の一覧から探す

まとめ

ハウスクリーニングは、自宅やオフィスなどの空間を清潔に保ち、健康的な環境を維持するための重要な作業です。
ハウスクリーニングは、定期的に行うことが重要です。一般的には、週に一度から月に一度までの頻度が推奨されています。空間の使用頻度や環境によっては、より頻繁に行う必要がある場合もあります。
クリーニングには、一般的なクリーニングと深いクリーニングがあります。一般的なクリーニングは、掃除機やモップ、掃除用具を使用して表面を掃除することです。一方、深いクリーニングは、奥深くに溜まった汚れや細菌を取り除くため、より専門的な掃除機や洗剤を使用します。また、クリーニング箇所ごとに、キッチン、バスルーム、マットレス、カーペット、ウィンドウ、ソファなど、様々な項目があります。それぞれの項目に応じて、専門的なクリーニング方法や料金が異なることがあります。
ハウスクリーニング業者を選ぶ際には、業者の信頼性や技術力、料金やサービス内容などを比較し、適切な業者を選ぶことが大切です。また、口コミや評価を確認することもおすすめです。
ハウスクリーニングを行う際には、安全性にも注意する必要があります。洗剤や薬剤を使用する場合は、正しい方法で使用することや、換気を十分に行うことが重要です。また、業者を選ぶ際には、業者の保険や安全対策についても確認することが大切です。

以上が、ハウスクリーニングに関するまとめです。定期的なクリーニングや適切な業者選び、安全性にも注意して、清潔で健康的な環境を維持することが大切です。

  1. 消毒作業|費用や料金・行い方・業者選び・注意点等

  2. 温水器と設置|費用や料金・行い方・業者選び・注意点等

  3. フルリフォーム|費用や料金・行い方・業者選び・注意点等

  4. 玄関のリフォーム|費用や料金・やり方・業者選び・注意点等

  5. 空調工事やリフォーム|費用や料金・行い方・業者選び・注意点等

  6. 煙突工事(修理・撤去・新設・掃除等)|費用や料金・行い方・業者選び・注意点等

  1. 省エネリフォーム|費用や料金・行い方・業者選び・注意点等

  2. 照明のリフォーム|費用や料金・行い方・業者選び・注意点等

  3. 消毒作業|費用や料金・行い方・業者選び・注意点等

  4. 消臭作業|費用や料金・行い方・業者選び・注意点等

  5. 消火設備の設置工事|費用や料金・行い方・業者選び・注意点等

  1. 省エネリフォーム|費用や料金・行い方・業者選び・注意点等

  2. 照明のリフォーム|費用や料金・行い方・業者選び・注意点等

  3. 消毒作業|費用や料金・行い方・業者選び・注意点等

  4. 消臭作業|費用や料金・行い方・業者選び・注意点等

  5. 消火設備の設置工事|費用や料金・行い方・業者選び・注意点等

匿名見積