外構工事|費用や料金・行い方・業者選び・注意点等

外構工事とは、住宅や建物の敷地内の植栽や庭園、門扉や塀、駐車場、照明、水回りなどを整備する工事のことです。外構工事には、建物のデザインや住宅環境の快適性を高めるだけでなく、敷地の利用効率を高めたり、セキュリティを強化することができます。ここでは、外構工事を行う場合の費用や注意点、どんな業者に依頼すれば良いかについて、詳しく説明します。

外構工事の種類

外構工事には、様々な種類があります。以下に代表的なものをいくつか紹介します。

  1. 土間コンクリート工事
  2. 建物周辺にコンクリートを流し込んで平坦な床面を作る工事です。アプローチや駐車場、物置などに使用されます。

  3. エクステリア工事
  4. 外壁、窓、屋根、ドア、バルコニー、手すりなどの外装部分のリフォーム工事です。外観の印象を大きく変えることができます。

  5. ガーデニング工事
  6. 庭や屋外スペースの整備工事で、植栽、造園、照明、防草シート、石畳などが含まれます。景観の美化や、快適な屋外空間の作り上げが目的です。

  7. フェンス工事
  8. 建物周辺や敷地内にフェンスを設置する工事です。プライバシーや防犯を目的として、様々な材質のフェンスがあります。

  9. 土木工事
  10. 地盤改良、道路や駐車場の拡張・改修、排水設備など、土木工事も外構工事の一つです。道路や駐車場など、大規模な工事も含まれます。

  11. プール工事
  12. 屋外にプールを設置する工事で、地形や目的に応じて様々な形状や材質のプールがあります。水回りの設備や照明なども含まれます。

  13. ガレージ工事
  14. 車庫やガレージを建設する工事で、建物と一体化している場合もあります。屋根やドア、照明、排気システムなどが含まれます。

  15. ウッドデッキ工事
  16. 木製のデッキを設置する工事で、屋外でのくつろぎや食事、バーベキューなどに使用されます。形状や材質、高さなどによって様々なタイプがあります。

  17. 駐車場工事
  18. 駐車場を設置する工事で、アスファルト舗装やコンクリート舗装、敷石などの素材を使用します。駐車場の形状やサイズ、スペースの設定などによって、使い勝手が大きく変わります。

  19. テラス工事
  20. 建物と接続している屋外の広場やバルコニーを拡張する工事で、照明や手すり、防水対策などが必要になります。

  21. ガゼボ工事
  22. 屋外に小屋を建設する工事で、木製や鉄製などの材料を使用します。庭でのくつろぎや、BBQ、プライベートなスペースの確保などに使用されます。

これらの工事は、それぞれ専門的な知識と技術が必要となります。外構工事は建物とともに、より快適な生活空間を作り上げるために欠かせない重要な工程の一つです。

外構工事の費用と相場

外構工事の費用は、工事内容、施工場所、材料の種類や品質、施工業者によって異なります。以下に、代表的な外構工事の費用相場を紹介します。なお、以下の金額はあくまでも目安であり、地域や施工業者によって異なる場合があります。

  1. 土間コンクリート工事
  2. 10㎡程度のアプローチの場合、30万円〜50万円程度。駐車場を作る場合は、50万円〜100万円程度が相場となります。

  3. エクステリア工事
  4. 外壁や屋根のリフォームの場合、100万円〜300万円程度が相場となります。窓やドアの交換、バルコニーのリフォームなど、細かい部分の改修の場合は、30万円〜50万円程度となります。

  5. ガーデニング工事
  6. 20㎡程度の庭のリフォームの場合、50万円〜150万円程度が相場となります。植栽や造園、照明などを含めた全体的な庭のリフォームの場合は、200万円〜500万円程度が相場となります。

  7. フェンス工事
  8. 10m程度のフェンスを設置する場合、50万円〜100万円程度が相場となります。材質によっても費用が変わるため、木製の場合は比較的安価、アルミや鉄製の場合は高価となります。

  9. 土木工事
  10. 地盤改良や道路、駐車場の拡張・改修の場合、100万円〜1,000万円以上が相場となります。工事規模によって費用が大きく変わるため、正確な見積もりが必要です。

  11. プール工事
  12. 10m程度の小型プールの場合、300万円〜500万円程度が相場となります。大型の場合は1,000万円〜2,000万円以上の費用が必要になる場合があります。

  13. ガレージ工事
  14. 車庫やガレージを建設する場合、100万円〜500万円程度が相場となります。鉄製の場合は比較的安価、木製やコンクリート製の場合は高価となります。

  15. ウッドデッキ工事
  16. 10㎡程度のウッドデッキの場合、50万円〜100万円程度が相場となります。設置場所や材質によっても費用が変わるため、正確な見積もりが必要です。

  17. 照明工事
  18. 照明の設置やリフォームを行う場合、20万円〜50万円程度が相場となります。LED照明の場合は比較的安価で、アンティーク調の照明など特別なデザインの場合は高価となる場合があります。

  19. 防犯工事
  20. セキュリティカメラやインターホンの設置、防犯対策などを行う場合、50万円〜200万円程度が相場となります。設置場所や規模、機能などによって費用が異なるため、事前にしっかりとプランニングする必要があります。

以上が代表的な外構工事の費用相場です。ただし、これらはあくまでも目安であり、業者によって異なる場合があります。工事を行う前には、複数の業者から見積もりを取り、比較検討することが重要です。また、工事の内容によっては、自治体や団体からの補助金や助成金の制度がある場合がありますので、事前に確認することをお勧めします。

外構工事の費用の抑え方

外構工事の費用は、工事内容や規模、業者によって異なりますが、一般的には高額なものとなります。しかし、いくつかの方法を用いることで、費用を抑えることができます。以下に外構工事の費用を抑える方法を詳しく説明します。

  1. 事前にプランニングを行う
  2. 外構工事にかかる費用を抑えるには、事前にプランニングを行うことが重要です。具体的には、自分の希望するデザインや設備、材料などを明確にして、それに合った工事プランを立てることが必要です。また、業者との打ち合わせや見積もりを複数取ることで、費用面での比較検討ができます。

  3. 材料を選ぶ
  4. 外構工事に使われる材料には、様々な種類があります。費用を抑えるためには、一般的に安価でありながらも耐久性の高い材料を選ぶことが重要です。例えば、人工木材を使用することで、天然木よりも耐久性が高く、価格も安く抑えることができます。

  5. 工期を調整する
  6. 外構工事は、季節や天候によって工期が左右されることがあります。特に、雨の多い季節や冬場は工期が長くなり、それに伴い費用も高くなることがあります。工期を調整することで、費用を抑えることができます。

  7. 自分でできることは自分で行う
  8. 外構工事の中には、DIYで行うことができるものもあります。例えば、草取りや植木の剪定などは、自分で行うことができます。また、アクセサリーや照明器具などは、ネット通販などで購入することもできます。自分でできることは自分で行うことで、費用を抑えることができます。

  9. 土地の整備を行う
  10. 外構工事の前に、土地の整備を行うことで、費用を抑えることができます。例えば、草むしりや不要な樹木の伐採などを自分で行うことで、工事の際にかかる作業や撤去費用を抑えることができます。

  11. 中古品を利用する
  12. 外構工事には、新品で購入する必要があるものと、中古品を利用することができるものがあります。例えば、フェンスやゲート、ポストなどは中古品でも十分に使用できます。また、業者からリサイクル材の提案を受けることもできます。中古品を利用することで、費用を抑えることができます。

  13. 業者選びに注意する
  14. 外構工事を業者に依頼する際は、複数の業者から見積もりを取り、費用面だけでなく、実績や信頼性、施工方法などを比較することが大切です。また、請負契約書にしっかりと内容を記載することで、後々の追加工事やトラブルを防止することができます。

以上のように、外構工事の費用を抑える方法は様々あります。事前のプランニングや材料選び、工期の調整、自分でできることの実行、中古品の利用、業者選びなど、複数の方法を組み合わせて、費用を抑えることができます。ただし、安価な材料や業者を選ぶことで、品質や耐久性が低下する場合があるため、適切なバランスを考えた上で、費用抑制の方法を選択することが重要です。

外構工事の依頼の手順

外構工事を依頼する場合の手順は、以下の通りです。

  1. 予算の設定
  2. 最初に、予算を設定しましょう。どの程度の費用までなら、工事を依頼できるのかを把握し、予算内での工事を計画しましょう。

  3. プランニング
  4. 自分で希望する外構のイメージを具体化し、スケッチや画像を集めましょう。それをもとに、自分で図面を作成するか、業者に依頼することもできます。また、土地の形状や周辺環境、法規制なども考慮して、計画を立てましょう。

  5. 業者選び
  6. インターネットや口コミなどで複数の業者を探し、見積もりを依頼しましょう。複数の業者から見積もりを取ることで、費用面だけでなく、業者の実績や信頼性、施工方法などを比較することができます。

  7. 契約の締結
  8. 見積もりの内容に納得し、契約する業者を選んだら、請負契約書を作成しましょう。契約書には、工事の内容や料金、工期、保証などを明記しておくことが重要です。

  9. 工事開始
  10. 業者と細かく工事内容や工期を調整し、工事を開始します。現場監理を行うことで、施工過程で問題が発生した場合に早期に対応することができます。

  11. 工事完了
  12. 工事が完了したら、業者と一緒に工事内容を確認し、不備や問題があれば修正してもらいましょう。最終的に工事完了の報告書を受け取り、工事代金の支払いを行います。

以上が、外構工事を依頼する際の手順です。適切なプランニングや業者選び、契約書の作成、現場監理などを行うことで、スムーズな工事を進めることができます。

全国の外構工事業者の一覧から探す

外構工事の注意点

外構工事を行う際には、以下のような注意点があります。

  1. 地盤調査を行う
  2. 地盤が弱い場合には、工事が終わってから地盤沈下が起こる可能性があります。そのため、工事前に地盤調査を行い、地盤の強度を確認しておくことが重要です。

  3. 都市計画や法規制に注意する
  4. 外構工事には都市計画法や建築基準法などの法律や条例があります。施工前には、それらを確認しておくことが大切です。

  5. 周囲の環境に配慮する
  6. 周囲の住民や自然環境に配慮し、騒音や汚染を最小限に抑えるようにしましょう。

  7. 適切な材料を選ぶ
  8. 外構工事に使用する材料は、長期間にわたって使用されるため、耐久性やメンテナンス性が重要です。適切な材料を選び、施工前に材料の性能や品質を確認しましょう。

  9. 安全対策を行う
  10. 工事現場では、高所作業や重機作業などが行われます。作業員や周囲の人々の安全を確保するために、安全対策を十分に行いましょう。

  11. 契約内容を確認する
  12. 施工業者との契約内容は、工事の費用や工期、保証内容などが含まれます。契約書の内容を確認し、納得してから契約を行うようにしましょう。

  13. 完成後のメンテナンスを考慮する
  14. 工事が完了した後も、外構部分は定期的なメンテナンスが必要です。施工前にメンテナンスのことを考慮し、メンテナンス性の高い設計や材料選びを行うようにしましょう。

以上が、外構工事を行う際に注意すべき点です。これらの注意点に十分配慮することで、安全かつ長期的に利用できる外構を実現することができます。

外構工事の業者の種類

外構工事を行う業者には、以下のような種類があります。

  1. ガーデンデザイナー
  2. 庭のデザインを手掛ける専門家で、植栽や照明などを含めたトータルプランを提供することができます。

  3. ランドスケープアーキテクト
  4. 公園や庭園などの造園設計を手掛ける専門家で、土地の状況や用途に合わせたデザインを提供することができます。

  5. エクステリア業者
  6. 外壁や門扉、カーポートなど、建物の外装工事を行う業者です。外構工事の中でも、建物との一体感を重視した施工を得意としています。

  7. 園芸業者
  8. 庭木の剪定や植栽、芝生の管理など、植物に関するメンテナンスや管理を行う業者です。庭の手入れに必要な作業を請け負うことができます。

  9. 石材業者
  10. 石材を使用した外構工事を行う業者です。門柱やアプローチ、ウッドデッキの下地など、石材を使用したエクステリアを手掛けることができます。

  11. 大工業者
  12. ウッドデッキやサンルームなど、木材を使用した外構工事を行う業者です。木材の加工技術を活かして、建物との調和を図った設計を提供することができます。

  13. 土木建設業者
  14. 舗装や造成など、土木工事を行う業者です。大規模な外構工事にも対応できます。

  15. プール業者
  16. プールの設計や施工を手掛ける業者です。庭にプールを設置したい場合には、プール業者を利用することができます。

  17. エレクトリシャン
  18. 照明や電気工事を手掛ける業者です。庭に照明を設置する場合や、電気を使用する外構工事を行う場合には、エレクトリシャンを利用することができます。

  19. フェンス業者
  20. フェンスの設置や修理を手掛ける業者です。プライバシーを保つためにフェンスを設置する場合には、フェンス業者を利用することができます。

  21. ガレージ業者
  22. ガレージの設置や修理を手掛ける業者です。駐車場の拡張や、ガレージを設置する場合には、ガレージ業者を利用することができます。

  23. ガラス工房
  24. ガラスを使用した外構工事を手掛ける業者です。ガラスを使用した手すりや、ガラス張りの門扉など、高級感あふれるエクステリアを手掛けることができます。

以上が、外構工事を行う業者の主な種類です。外構工事においては、複数の業者を組み合わせて工事を進めることもあります。例えば、ガーデンデザイナーと石材業者を組み合わせて、庭のデザインと石材を使用した外構工事を同時に進めることができます。工事の内容に応じて、適切な業者を選びましょう。

全国の外構工事業者の一覧から探す

外構工事の業者の選び方

外構工事を依頼する業者を選ぶ際には、以下のようなポイントを考慮することが大切です。

  1. 経験や実績
  2. 外構工事を行う業者の経験や実績は、信頼性を判断する上で重要なポイントです。過去の実績を確認し、信頼できる業者を選びましょう。

  3. 施工内容
  4. 業者ごとに得意とする施工内容が異なります。自分が望む外構工事を手掛けることができるか、事前に確認しましょう。

  5. 料金
  6. 外構工事の料金は、業者ごとに異なります。複数の業者から見積もりを取り、比較検討することで、適正な価格で工事を依頼することができます。

  7. 対応力
  8. 業者の対応力は、工事の進捗や問題が発生した際に重要なポイントです。工事のスケジュールや細かなニーズにも応えてくれる業者を選びましょう。

  9. 保証制度
  10. 工事後のトラブルに対する保証制度があるかどうかも確認しましょう。保証期間や保証内容が明確な業者を選ぶことで、安心して工事を依頼することができます。

  11. 評判や口コミ
  12. 業者の評判や口コミを調べることで、信頼性や施工能力を判断することができます。自分と同じような工事を依頼した人の意見を聞くことで、より適切な業者を選ぶことができます。

以上が、外構工事を依頼する業者を選ぶ際に考慮すべきポイントです。慎重に検討し、信頼できる業者を選びましょう。

全国の外構工事業者の一覧から探す

まとめ

外構工事には、庭の改修や門扉・フェンス・塀の設置、外構ライトの設置、駐車場・車庫の拡張や造成など、様々な種類があります。

外構工事を依頼する際には、事前に自分が望む工事内容や予算を決め、信頼できる業者を選ぶことが重要です。また、施工前には地盤調査や法的な規制の確認、工事期間の確認なども行う必要があります。

外構工事には高い費用がかかることが多いため、費用を抑えるためにはDIY工事や中古品の活用、業者の比較検討などが有効な方法です。ただし、DIY工事には専門知識が必要であり、不適切な施工による事故やトラブルを避けるためにも、業者に依頼することをおすすめします。

最後に、外構工事は住宅の外観や機能性を向上させるだけでなく、生活の質を向上させる重要な工程の一つです。自分の希望を叶えるために、慎重に計画を立て、信頼できる業者に依頼することが大切です。

  1. コテージの建設|費用や料金・取り扱い方・業者選び・注意点等

  2. ベランダのリフォーム|費用や料金・行い方・業者選び・注意点等

  3. ガス器具の設置工事|費用や料金・やり方・業者選び・注意点等

  4. ガス工事|費用や料金・やり方・業者選び・注意点等

  5. オール電化の設置工事|費用や料金・やり方・業者選び・注意点等

  6. エクステリアのリフォーム|費用や料金・やり方・業者選び・注意点等

  1. 省エネリフォーム|費用や料金・行い方・業者選び・注意点等

  2. 照明のリフォーム|費用や料金・行い方・業者選び・注意点等

  3. 消毒作業|費用や料金・行い方・業者選び・注意点等

  4. 消臭作業|費用や料金・行い方・業者選び・注意点等

  5. 消火設備の設置工事|費用や料金・行い方・業者選び・注意点等

  1. 省エネリフォーム|費用や料金・行い方・業者選び・注意点等

  2. 照明のリフォーム|費用や料金・行い方・業者選び・注意点等

  3. 消毒作業|費用や料金・行い方・業者選び・注意点等

  4. 消臭作業|費用や料金・行い方・業者選び・注意点等

  5. 消火設備の設置工事|費用や料金・行い方・業者選び・注意点等

匿名見積