外壁工事|費用や料金・行い方・業者選び・注意点等

外壁工事を行う場合には、様々な注意点があります。建物の外壁は、太陽光や風雨に直接さらされるため、定期的なメンテナンスが必要となります。外壁工事は、建物の美観や耐久性を維持するためにも重要な作業です。以下に、外壁工事に関する費用や注意点、業者の選び方について詳しく解説します。

外壁工事の種類

外壁工事には、以下のような種類があります。

  1. 塗装工事
  2. 建物の外壁を塗り直す工事で、汚れや劣化を防ぐために定期的に行われます。塗料の種類によっては、防水や断熱性能を向上させることもできます。

  3. タイル張り工事
  4. タイルを使用して外壁を張り替える工事で、美観性や耐久性が高いためによく採用されます。タイルの種類によって、色やデザインを自由に選ぶことができます。

  5. シーリング工事
  6. 外壁と窓枠やドア枠の間にあるシーリング材を補修・交換する工事です。劣化したシーリング材は、雨水が侵入しやすくなるため、定期的なメンテナンスが必要です。

  7. 防水工事
  8. 外壁の防水性能を向上させるための工事で、防水シートや防水塗料を使用して行われます。雨漏りやシロアリ被害を防ぐために必要な工事です。

  9. 窯業系サイディング工事
  10. 石膏ボードに窯業系サイディングを貼り付ける工事で、外壁の断熱性能や防火性能を向上させることができます。また、耐久性が高いため、メンテナンスが少なく済みます。

これらの工事は、建物の状況や目的に合わせて適切なものを選ぶことが大切です。また、工事には高い技術が必要なため、信頼できる施工業者を選ぶことが重要です。

外壁の種類

外壁には、以下のような種類があります。

  1. 木造外壁
  2. 木材を使用して作られた外壁で、自然素材のため温かみや質感があります。しかし、メンテナンスが必要であり、火災などのリスクがあります。

  3. コンクリート外壁
  4. コンクリートを使用して作られた外壁で、強度や耐久性が高く、防音性や防火性にも優れています。しかし、重量があるため建物の構造計算が必要であり、表面のデザイン性が低いという欠点があります。

  5. モルタル外壁
  6. セメント、砂、水、添加剤などを混ぜて作られた外壁で、コストが比較的低く、防水性や耐久性があります。また、表面加工によって様々なデザインを表現できます。

  7. 金属外壁
  8. スチール、アルミニウム、銅などの金属を使用して作られた外壁で、軽量で強度や耐久性が高く、メンテナンスが容易です。また、近年ではデザイン性の高い金属外壁が多く開発されています。

  9. 石材外壁
  10. 大理石、花崗岩、石灰石などの天然石を使用して作られた外壁で、高級感や質感があります。耐久性が高く、表面加工によって様々なデザインを表現できますが、コストが高く、重量があるため建物の構造計算が必要です。

これらの外壁の種類は、建物の目的やスタイル、予算などに合わせて選択することが重要です。また、外壁のメンテナンスには定期的な点検や清掃が必要です。

外壁工事の費用と相場

外壁工事の費用や相場は、工事内容や施工業者、地域によって異なりますが、一般的な相場を以下に示します。

  1. 塗装工事
  2. 1平方メートルあたり3,000円から10,000円程度
    外壁を塗り直す工事で、主に外壁の防水性や外観を改善するために行われます。塗料の種類によって価格が異なり、最も安価な塗料を使用する場合でも、1平方メートルあたり3,000円から5,000円程度かかります。高品質な塗料を使用する場合は、1平方メートルあたり10,000円以上の費用が必要になる場合もあります。

  3. タイル張り工事
  4. 1平方メートルあたり10,000円から30,000円程度
    タイルを外壁に張り付ける工事で、高級感があり、防水性にも優れています。タイルの種類やデザインによって価格が異なりますが、一般的に1平方メートルあたり10,000円から30,000円程度の費用が必要です。

  5. シーリング工事
  6. 1本あたり1,000円から5,000円程度
    シーリング材を使って、外壁の継ぎ目や隙間を埋める工事です。シーリング材の種類や量によって価格が異なりますが、一般的に1本あたり1,000円から5,000円程度の費用が必要です。

  7. 防水工事
  8. 1平方メートルあたり5,000円から20,000円程度
    外壁の防水性を高める工事で、シーリング工事と併せて行われることが多いです。防水材の種類や厚さによって価格が異なりますが、一般的に1平方メートルあたり5,000円から20,000円程度の費用が必要です。

  9. 窯業系サイディング工事
  10. 1平方メートルあたり10,000円から30,000円程度
    窯業系サイディングは、外壁材の一種で、耐久性や断熱性に優れています。サイディングの種類やデザインによって価格が異なりますが、一般的に1平方メートルあたり10,000円から30,000円程度の費用が必要です。

以上のように、外壁工事の費用は、工事内容や施工業者、地域によって異なります。また、工事の規模や作業内容によっても費用が異なります。大規模な工事の場合は、足場の設置費用や廃材処理費用などが追加され、費用が高くなる傾向があります。

一般的に、外壁工事の費用は、1平方メートルあたり3,000円から30,000円程度となります。ただし、外壁の状態や工事内容によっては、この範囲を超える場合があります。また、施工業者によっても費用が異なるため、複数の業者から見積もりを取って比較することが重要です。

外壁工事には、一般的に10年以上の耐久性が求められます。そのため、安価な業者や塗料を選択すると、長期的に見るとコストがかかってしまうことがあります。そのため、安心できる業者や品質の高い塗料を選ぶことが重要です。また、外壁工事には税制優遇措置があり、一定の費用が税金の控除対象になる場合もあるため、確認することをお勧めします。

外壁工事の費用の抑え方

外壁工事は大きな費用がかかるため、できるだけ費用を抑えたいと考える人も多いでしょう。以下に、外壁工事の費用を抑える方法をいくつか紹介します。

  1. 業者を比較する
  2. 外壁工事は、複数の業者に見積もりを依頼して、料金や工期、施工内容を比較することが大切です。業者によって費用が異なるため、少しの手間で大幅な費用節約が可能です。

  3. 塗料を選ぶ
  4. 塗料の種類によって、費用が異なります。一般的に、高品質の塗料は耐久性が高く、長期的に見るとコストがかかりません。また、塗料の種類によっては、塗り重ねる必要がないものもあります。そのため、コストを抑えたい場合は、塗料を選ぶ際に、価格だけでなく耐久性も考慮することが重要です。

  5. 部分的な補修
  6. 外壁全体を塗り替えるのではなく、部分的な補修を行うことで費用を抑えることができます。ただし、部分的な補修だと、外壁全体の色味が異なって見えることがあるため、慎重に検討する必要があります。

  7. 自分でやる
  8. DIYで外壁工事を行うことで、労力と時間はかかりますが、費用を抑えることができます。ただし、DIYで行う場合、専門知識や技術が必要なため、失敗すると修正費用がかかることがあるため、慎重に判断する必要があります。

これらの方法をうまく組み合わせることで、外壁工事の費用を抑えることができます。ただし、費用を抑えることよりも、長期的に見て耐久性が高く、安全な工事を行うことが最優先です。

外壁工事の依頼の手順

外壁工事を依頼する際の基本的な手順は以下の通りです。

  1. 見積もり依頼
  2. まずは、複数の外壁工事業者に見積もり依頼をします。依頼する際には、自宅の住所、希望する工事内容、工期、予算などを伝える必要があります。

  3. 見積もりの比較
  4. 見積もりが届いたら、料金や工期、施工内容を比較して、自分に合った業者を選びます。見積もりに不明な点がある場合は、業者に問い合わせて確認することが大切です。

  5. 契約
  6. 業者を決定したら、契約書を作成して契約を結びます。契約書には、工事内容、工期、料金、支払い方法などが明記されているため、注意して確認しましょう。また、契約前に業者に対して、保証やアフターサービスについても確認しておくことが重要です。

  7. 工事着工
  8. 契約が成立したら、工事着工となります。外壁工事の場合、足場を組んだり、古い塗料を削ったりして、新しい塗料を塗る作業を行います。工事中に不明な点があれば、業者に問い合わせて確認しましょう。

  9. 工事完了
  10. 工事が完了したら、業者と確認を行い、問題がなければ工事完了となります。この際には、工事完了証明書をもらい、保証期間などについても確認しておくことが大切です。

以上が、外壁工事の依頼の基本的な手順です。業者によっては、見積もりから工事完了までのサポートを行ってくれる場合もありますので、自分に合った業者を選ぶことも重要です。

全国の外壁工事業者の一覧から探す

外壁工事の注意点

外壁工事を行う際には、以下のような注意点があります。

  1. 業者選び
  2. 外壁工事は、高い場所での作業や専門知識が必要な作業であるため、信頼できる業者を選ぶことが大切です。信頼できる業者は、評判や実績を確認すると良いでしょう。

  3. 施工前の点検
  4. 施工前には、現在の外壁の状態を詳しく点検することが必要です。塗装をする前に、クラック(ひび割れ)やカビ、劣化箇所などを確認し、修理が必要な場合は、施工前に修理することが大切です。

  5. 施工時の安全対策
  6. 外壁工事は、高い場所での作業であるため、作業中の安全対策は非常に重要です。足場や防護用具をきちんと準備し、安全に作業を行うようにしましょう。

  7. 塗料の選定
  8. 外壁の塗料は、気候や耐久性、耐候性に合わせて選ぶ必要があります。また、使用する塗料によって塗り方や厚みも異なるため、業者に相談して、自分に合った塗料を選ぶことが大切です。

  9. アフターケア
  10. 施工後に問題が発生した場合や、メンテナンスをしたい場合には、アフターケアが必要になります。業者によっては、工事完了後にアフターサービスを行っている場合もあるため、契約前に確認することが大切です。

以上が、外壁工事の注意点です。外壁工事は、安全や耐久性などの面から、適切な知識や技術を持った業者に依頼することが大切です。

外壁工事の業者の種類

外壁工事を行う業者には、以下のような種類があります。

  1. 塗装業者
  2. 外壁の塗装工事を専門に行う業者です。外壁の劣化や変色などを修復するために、塗料の塗り替えやクリーニングを行います。

  3. エクステリア業者
  4. 外壁のみならず、外構全体をプランニングする業者です。外壁、窓、ドア、門扉、外構などを一括して設計・施工することができます。

  5. 工務店
  6. 建物全体を建築することができる業者で、外壁工事も請け負っています。建築とともに外壁の修繕や改修工事を行うことができます。

  7. リフォーム業者
  8. 建物のリフォーム全般を行う業者で、外壁の修繕や塗装工事も含まれます。既存の建物を改装することによって、外観の美観や耐久性を向上させることができます。

  9. 大手ハウスメーカー
  10. 注文住宅や分譲住宅を提供している大手ハウスメーカーは、外壁工事も請け負っています。注文住宅の場合は、建築とともに外壁工事も一括で行うことができます。

  11. 高圧洗浄業者
  12. 外壁の汚れを高圧洗浄機で洗い流すことに特化した業者です。塗装前の下地処理や、クリーニング作業のみを請け負うこともあります。

  13. 防水工事業者
  14. 外壁に防水工事を行うことで、雨水や湿気から建物を保護する業者です。防水シートの施工やシーリング作業、コーキング作業などを行います。

  15. インテリアリフォーム業者
  16. 建物内部のリフォーム全般を行う業者で、外壁工事も一部請け負うことができます。外壁の色やデザインに合わせた内装リフォームを行うことができます。

  17. サイディング工事業者
  18. 外壁材としてサイディングを使用し、外壁の張り替え工事を行う業者です。サイディングの種類や色、デザインなどを提案し、施工まで行います。

以上が、外壁工事を行う業者の種類です。依頼する業者を選ぶ際には、業者の実績や評判、対応力などを確認することが重要です。また、外壁工事は専門的な知識や技術が必要な作業であるため、信頼できる業者に依頼することが大切です。

全国の外壁工事業者の一覧から探す

外壁工事の業者の選び方

壁工事を行う業者を選ぶ際には、以下のポイントを考慮して選ぶことが大切です。

  1. 施工実績や口コミ・評判
  2. 過去にどのような工事実績があるか、また、過去のお客様からの口コミ・評判はどうかを調べることが大切です。インターネット上で検索したり、実際に見積もりを依頼した際に、参考になる情報を得ることができます。

  3. 見積もりの内容
  4. 業者によって、見積もりの内容が異なることがあります。見積もりに含まれている工事内容や費用が明確に記載されているか、特に不明点がある場合は、事前に確認をしておくことが大切です。

  5. 施工スケジュール
  6. 工事がどの程度の期間で完了するのか、工事中の騒音や振動などで、近隣住民に迷惑がかからないように工夫されているか、施工スケジュールについても確認しておくことが大切です。

  7. 保証やアフターサービス
  8. 工事後の保証やアフターサービスについても確認しておくことが大切です。施工後に不具合が生じた場合、適切な修理対応が行われるかどうか、事前に確認しておくことが大切です。

  9. 施工の専門性
  10. 外壁工事は、建物の防水性や耐久性を確保するために重要な工事です。そのため、施工の専門性が高く、信頼性のある業者を選ぶことが大切です。業者の資格や経験なども参考にすると良いでしょう。

  11. 費用
  12. 当然、費用も重要な要素です。複数の業者の見積もりを比較し、費用と施工内容を総合的に考慮した上で、適切な業者を選ぶことが大切です。

  13. 契約内容
  14. 契約書を確認し、納得のいく内容かどうかを確認しておくことが大切です。また、契約書に記載されている条件や約束事をしっかりと理解し、問題が発生しないようにすることが大切です。

  15. 損害保険
  16. 外壁工事を行う業者は、万が一のトラブルや事故が発生した場合に備えて、損害保険に加入していることが望ましいです。業者に加入している損害保険の種類や保障内容についても確認しておくことが大切です。

  17. 追加工事の相談対応
  18. 工事中に、予期せぬ問題が発生した場合、業者に相談して追加工事を依頼することがあります。この際には、業者の対応力や追加工事にかかる費用についても確認しておくことが大切です。

以上のポイントを踏まえて、外壁工事を行う業者を選ぶことが重要です。よく考えて、信頼できる業者を選びましょう。

全国の外壁工事業者の一覧から探す

まとめ

外壁工事には、塗装や張り替え、断熱材の取り付けなど、さまざまな種類があります。外壁工事を行う際には、以下のポイントに注意することが大切です。

  1. 必要な工事を明確にする
  2. 複数の業者から見積もりを取る
  3. 見積もりの内容を確認する
  4. 施工実績や評判を確認する
  5. 安さだけに惑わされない
  6. 納期や施工日程を確認する
  7. 契約内容を確認する
  8. 業者が加入している損害保険を確認する
  9. 追加工事の相談対応について確認する

これらのポイントに注意しながら、信頼できる業者を選び、外壁工事を行うことが大切です。外壁工事を行うことで、家の見た目を美しくするだけでなく、耐久性や断熱性能の向上にもつながります。

  1. サウナの設置工事|費用や料金・取り扱い方・業者選び・注意点等

  2. 害虫駆除|費用や料金・行い方・業者選び・注意点等

  3. トイレのリフォーム|費用や料金・取り扱い方・業者選び・注意点等

  4. 消毒作業|費用や料金・行い方・業者選び・注意点等

  5. コンテナの設置|費用や料金・取り扱い方・業者選び・注意点等

  6. ガス器具の設置工事|費用や料金・やり方・業者選び・注意点等

  1. 省エネリフォーム|費用や料金・行い方・業者選び・注意点等

  2. 照明のリフォーム|費用や料金・行い方・業者選び・注意点等

  3. 消毒作業|費用や料金・行い方・業者選び・注意点等

  4. 消臭作業|費用や料金・行い方・業者選び・注意点等

  5. 消火設備の設置工事|費用や料金・行い方・業者選び・注意点等

  1. 省エネリフォーム|費用や料金・行い方・業者選び・注意点等

  2. 照明のリフォーム|費用や料金・行い方・業者選び・注意点等

  3. 消毒作業|費用や料金・行い方・業者選び・注意点等

  4. 消臭作業|費用や料金・行い方・業者選び・注意点等

  5. 消火設備の設置工事|費用や料金・行い方・業者選び・注意点等

匿名見積