収納のリフォーム|費用や料金・行い方・業者選び・注意点等

収納のリフォームは、住宅やオフィスの空間をより機能的に使うために、収納スペースを改善する作業です。具体的には、収納家具の配置変更、カスタム収納システムの設置、棚や引き出しの増設、壁面収納の設置などがあります。ここでは、収納のリフォームについて費用や注意点、依頼すべき業者について詳しく解説します。

収納のリフォームの種類

収納のリフォームには、以下のような種類があります。

  1. クローゼットのリフォーム
  2. クローゼットのリフォームは、洋服や靴などを収納するための収納スペースを改善することです。収納量を増やすために、追加の棚や引き出しを設置することができます。また、ドアを変更することで、収納スペースを増やすこともできます。

  3. キッチンのリフォーム
  4. キッチンのリフォームは、キッチン用品を効率的に収納できるようにすることです。キッチンにカスタムメイドのキャビネットを設置することで、収納スペースを増やすことができます。また、引き出しやシェルフを追加することもできます。

  5. パントリーのリフォーム
  6. パントリーは、食品や飲料、その他の日用品を収納するためのスペースです。パントリーのリフォームでは、収納スペースを増やすために、新しいシェルフや引き出しを設置することができます。また、壁にフックやラックを設置することで、より多くの収納スペースを確保できます。

  7. 書斎のリフォーム
  8. 書斎は、本や文房具を収納する場所です。書斎のリフォームでは、本棚や引き出しを設置することで、より多くの収納スペースを確保できます。また、机の周りにフックやラックを設置することで、文房具を整理することができます。

  9. ランドリールームのリフォーム
  10. ランドリールームは、洗濯機や乾燥機、アイロンなどの衣類のお手入れに必要な機器を収納する場所です。ランドリールームのリフォームでは、収納スペースを増やすために、棚や引き出しを設置することができます。また、洗剤や柔軟剤の収納に適したラックを設置することもできます。

  11. バスルームのリフォーム
  12. バスルームのリフォームでは、タオルや洗面道具、衛生用品などを収納するスペースを改善することができます。収納スペースを増やすために、カスタムメイドのキャビネットやシェルフを設置することができます。

  13. ガレージのリフォーム
  14. ガレージのリフォームでは、工具や自転車、季節外の装備などを収納するスペースを改善することができます。壁や天井に棚やラックを設置することで、より多くの収納スペースを確保することができます。

  15. 子供部屋のリフォーム
  16. 子供部屋のリフォームでは、おもちゃや洋服、本などを収納するスペースを改善することができます。子供の成長に合わせて、高さ調整可能な棚や引き出しを設置することができます。また、おもちゃや本を収納するためのボックスやバスケットを使うことで、整理整頓しやすい環境を作ることができます。

以上が、収納のリフォームの種類の一部です。それぞれのスペースに合った収納方法を選び、より効率的な収納スペースを確保します。収納スペースを改善することで、部屋の見た目もスッキリとした印象になります。

また、収納のリフォームには、収納スペースを機能的に使いやすくすることも重要です。例えば、キッチンの引き出しには、料理用具を分類して収納できるように仕切りを設けたり、洋服を収納するクローゼットには、ハンガーを掛けるスペースと折りたたみ収納用のスペースを分けたりすることができます。

収納のリフォームには、自分でDIYすることもできますが、専門家に依頼することで、より効率的かつ高品質なリフォームが可能になります。また、リフォームを行う前に、どのような収納スペースが必要であるか、どのように使いやすくすればよいか、考えておくことが大切です。

収納のリフォームの費用と相場

収納のリフォームの費用は、リフォーム内容や規模によって異なります。以下に、一般的な収納のリフォームの費用と相場について、詳細に説明します。

  1. クローゼットのリフォーム
  2. クローゼットのリフォームの費用は、設計、材料、労働費などによって決まります。一般的に、小さなクローゼットのリフォームであれば、数万円から始まり、大きなクローゼットのリフォームであれば、100,000円以上になることもあります。

  3. キッチンのリフォーム
  4. キッチンのリフォームの費用は、キャビネット、カウンタートップ、床、電気設備などの材料、設計、労働費によって決まります。一般的に、小さなキッチンのリフォームであれば、50,000円から始まり、大規模なリフォームであれば、200,000円以上になることもあります。

  5. バスルームのリフォーム
  6. バスルームのリフォームの費用は、浴室、シャワー、トイレ、シンク、床などの材料、設計、労働費によって決まります。一般的に、小さなバスルームのリフォームであれば、数万円から始まり、大規模なリフォームであれば、100,000円以上になることもあります。

  7. ランドリールームのリフォーム
  8. ランドリールームのリフォームの費用は、洗濯機、乾燥機、シンク、収納スペースなどの材料、設計、労働費によって決まります。一般的に、小さなランドリールームのリフォームであれば、数万円から始まり、大規模なリフォームであれば、100,000円以上になることもあります。

  9. ガレージのリフォーム
  10. ガレージのリフォームの費用は、棚、ラック、収納スペースなどの材料、設計、労働費によって決まります。一般的に、小さなガレージのリフォームであれば、数万円から始まり、大規模なリフォームであれば、100,000円以上になることもあります。

以上の費用はあくまで目安であり、実際の費用は、リフォームの規模、材料、労働費、地域によって異なる場合があります。また、専門業者によっても異なる場合があります。

また、DIYでの収納のリフォームもあります。DIYで行う場合は、材料費がかかりますが、労働費を削減できるため、費用を抑えることができます。ただし、DIYで行う場合は、専門知識が必要であり、作業ミスによっては返品・交換ができなくなってしまう場合もあります。必ず安全に注意して作業することが大切です。

収納のリフォームを行う際には、予算に余裕を持っておくことが大切です。また、複数の業者から見積もりを取り、比較検討することで、適正な価格でリフォームをすることができます。

収納のリフォームの費用の抑え方

収納のリフォームは、大きな費用がかかる場合がありますが、いくつかの方法で費用を抑えることができます。以下は、収納のリフォームの費用を抑える方法の例です。

  1. 材料を選ぶ
  2. リフォームに必要な材料は、様々な種類があります。同じ目的の材料でも、価格に差がある場合があります。例えば、天然木材よりも人工木材の方が安価な場合があります。また、格安のDIYショップで購入すると、大手ホームセンターで買うよりも割安になることもあります。リフォームの費用を抑えるために、材料選びに時間をかけることが大切です。

  3. オプションを減らす
  4. リフォームにあたって、オプションを付けたり、機能を増やすことで、費用が増える場合があります。例えば、引き出しを付けたり、キャスターを取り付けたりすることで、収納の使い勝手が良くなりますが、それだけ費用も高くなってしまいます。リフォームの必要最低限の機能を考え、余計なオプションを減らすことで費用を抑えることができます。

  5. 専門業者を比較する
  6. リフォームの専門業者は、その規模やサービスによって、価格に差があります。複数の業者から見積もりを取り、比較検討することで、適正な価格でリフォームをすることができます。また、リフォーム業者によっては、割引キャンペーンを行っている場合もありますので、それを活用することで費用を抑えることができます。

  7. DIYで行う
  8. DIYで収納のリフォームを行うこともできます。DIYで行う場合は、材料費がかかりますが、労働費を削減できるため、費用を抑えることができます。ただし、専門知識が必要であり、作業ミスによっては返品・交換ができなくなってしまう場合もあります。必ず安全に注意して作業することが大切です。

  9. 既存の収納を再利用する
  10. 収納のリフォームを行う場合、必ずしも全てを新しく作り直す必要はありません。既存の収納を再利用することで、費用を抑えることができます。例えば、引き出しの取っ手を新しく交換するだけで、見た目を一新することができます。

  11. 中古品を活用する
  12. 新品の収納家具は、比較的高価な場合がありますが、中古品を利用することで費用を抑えることができます。中古品の収納家具を探す場合は、ネットオークションやフリマアプリなどを活用すると良いでしょう。ただし、中古品は状態によっては修理が必要になる場合もあるため、注意が必要です。

  13. 自分で設計する
  14. 自分で設計することで、収納のリフォームの費用を抑えることができます。自分で設計する場合は、必要なスペースや収納量を考え、アイデアをまとめることが大切です。また、DIYで作る場合は、図面や材料リストを作成し、計画的に作業することが必要です。

収納のリフォームは、自分で行うこともできますが、大きな費用がかかる場合もあります。上記の方法を参考にしながら、自分に合った方法で費用を抑えながら、快適な収納スペースを作り上げていきましょう。

収納のリフォームの依頼の手順

収納のリフォームを依頼する手順は以下の通りです。

  1. 目的や要望の整理
  2. 収納のリフォームを依頼する前に、まずは自分の目的や要望を整理しましょう。どのような物をどのように収納したいのか、どのようなスペースが必要なのか、予算はどれくらいかなど、しっかりと考えておくことが大切です。

  3. リフォーム会社の選定
  4. リフォーム会社の選定は、依頼する作業内容によって異なりますが、まずは信頼できる業者を探すことが大切です。リフォーム会社の選定方法としては、ネット検索や知人の口コミを参考にする方法があります。

  5. 見積もりの取得
  6. リフォーム会社を決定したら、見積もりを取得しましょう。見積もりは、リフォームの内容や料金、工期などが明確に記載されているものが望ましいです。また、複数のリフォーム会社から見積もりを取得して比較することも大切です。

  7. 契約
  8. 見積もりが合意した場合は、契約を行いましょう。契約書には、リフォームの内容、料金、工期、保証内容などが記載されているので、しっかりと確認してからサインしましょう。また、契約前に不明点や疑問点があれば、リフォーム会社に確認することが大切です。

  9. 工事開始
  10. 契約が完了したら、工事が開始されます。工事中は、リフォーム会社とのコミュニケーションを密に取り、スケジュールや進捗状況を把握しましょう。また、工事中に予期せぬ問題が発生した場合は、すぐにリフォーム会社に連絡することが大切です。

  11. 工事完了
  12. 工事が完了したら、リフォーム会社と一緒に確認を行いましょう。施工内容に問題がなければ、完了報告書を受け取ります。その後、料金の支払いや保証内容についても確認しておきましょう。

以上が、収納のリフォームを依頼する手順です。ただし、依頼手順はリフォーム会社によって異なる場合がありますので、事前に確認しておくことが大切です。

また、リフォーム会社を選ぶ際には、信頼できる会社を選ぶことが大切です。過去の実績や口コミなどを参考に、しっかりと調べてから依頼するようにしましょう。さらに、契約前には契約内容をしっかりと確認し、トラブルを未然に防ぐように注意しましょう。

全国の収納リフォーム業者の一覧から探す

収納のリフォームの注意点

収納のリフォームを行う際には、以下のような注意点に留意する必要があります。

  1. 構造に関する確認
  2. 収納スペースを大幅に変更する場合、構造に問題が生じる可能性があります。そのため、工事前に建物の構造に関してしっかりと確認し、問題がある場合は修正を行う必要があります。

  3. 空間計画
  4. 収納スペースの改修を行う際には、どのような物品をどのように収納するか、収納するスペースをどのように使うかなど、事前に空間計画をしっかりと立てる必要があります。そのためには、生活スタイルや収納の利用方法を考慮することが大切です。

  5. 材料選び
  6. 収納のリフォームにおいては、材料選びも重要なポイントです。特に、耐久性や耐水性、耐火性などの性能を考慮する必要があります。また、デザイン性も重視する場合は、デザイン性に優れた素材を選ぶ必要があります。

  7. 工期と工程
  8. 収納のリフォームにおいては、工期と工程の管理が重要です。工期が長引くと、暮らしに不便を強いられたり、工事費用が増加することもあります。そのため、工事の開始・完了日程や工程について、リフォーム会社と事前に確認しておくことが大切です。

  9. 契約内容
  10. リフォーム工事の契約内容も重要なポイントです。契約書には、工事内容や工事費用、工期、工程、保証期間などが明記されていることが多いです。契約前には、契約書の内容をしっかりと確認しておくことが大切です。

  11. 見積もり
  12. 収納のリフォームを行う場合、見積もりを出してもらうことが一般的です。見積もりを比較する際には、必ず同じ内容で比較するようにしましょう。また、見積もりに含まれていない費用や追加工事などについても確認しておくことが大切です。

  13. 作業場所の片付け
  14. リフォーム作業中は、作業場所が散らかってしまうことがあります。特に、壁や床を壊したり、新しい収納棚を取り付けたりする場合は、粉じんやゴミが発生することが予想されます。そのため、作業後には、作業場所をしっかりと片付けることが必要です。

  15. 建物管理規約の確認
  16. マンションやアパートなどの共同住宅で収納のリフォームを行う場合、建物管理規約に違反しないようにする必要があります。そのため、事前に管理会社に相談し、許可を得ることが重要です。

  17. 騒音や振動の配慮
  18. リフォーム工事中には、騒音や振動が発生することがあります。特に、共同住宅の場合は、周囲の住民に迷惑をかけないよう、配慮することが必要です。工事の時間帯や、防音シートの使用などが有効な対策となります。

  19. 安全対策
  20. リフォーム工事は、高所作業や電気工事など危険な作業が含まれることがあります。そのため、作業員の安全を確保するための対策が必要です。リフォーム会社には、作業員の安全に配慮した作業方法を求めることが大切です。

以上が、収納のリフォームを行う際に留意すべき注意点です。リフォーム会社との契約前に、しっかりと確認しておくことが大切です。

収納リフォームの業者

収納のリフォームを行う業者は、大きく分けて以下のような種類があります。

  1. ハウスメーカー
  2. ハウスメーカーは、住宅の新築やリフォームを行う企業で、収納のリフォームも行っています。住宅に収納棚やクローゼットなどを設置する場合、ハウスメーカーに依頼することが多いです。設計から施工まで一貫して請け負うことができるため、安心して任せることができます。

  3. リフォーム会社
  4. リフォーム会社は、住宅のリフォーム専門の企業です。収納のリフォームも得意としており、オーダーメイドの収納棚やクローゼットなどを製作・取り付けることができます。また、既存の収納スペースを有効活用するためのアイデアや提案を行うことができるため、希望に合った収納スペースを作ることができます。

  5. インテリアコーディネーター
  6. インテリアコーディネーターは、住宅内のインテリアデザインに特化した業者です。収納のリフォームにおいては、スペースの有効活用や、収納棚の配置などについてアドバイスをしてくれます。また、インテリアデザインにこだわりを持ち、収納棚やクローゼットのデザイン性にも注力している場合があります。

  7. カーペンター
  8. カーペンターは、木材を加工して家具や建材を製作する職人のことです。オーダーメイドの収納棚やクローゼットなどを製作することができます。また、既存の収納スペースを有効活用するためのアイデアや提案を行うこともできます。デザイン性にこだわることができ、木材ならではの温かみのある仕上がりが魅力です。

  9. システムキッチンメーカー
  10. システムキッチンメーカーは、キッチンを中心としたリフォームに特化した業者です。一般的には、キッチン周りに収納スペースを作ることが多いため、収納のリフォームにも力を入れています。キッチンカウンターやキッチン棚、キッチン収納など、自社製品に合わせたオーダーメイドの収納スペースを提案してくれます。

  11. インテリア雑貨店
  12. インテリア雑貨店は、家具や雑貨を販売しているお店です。中には、オリジナルの収納家具を販売しているお店もあります。家具や雑貨を組み合わせて収納スペースを作ることができるため、自分好みのスタイルで収納をリフォームしたい場合には、オススメの業者です。

  13. ハンドメイド作家
  14. ハンドメイド作家は、手作りの家具や小物を製作する職人のことです。オーダーメイドの収納棚やクローゼットなどを製作することができます。デザイン性にこだわることができ、オリジナリティのある仕上がりが魅力です。ただし、一点ものであるため、価格が高くなる場合があります。

以上が、収納のリフォームを行う業者の種類です。自分の要望に合った業者を選ぶことが、リフォームの成功につながります。

全国の収納リフォーム業者の一覧から探す

収納のリフォーム業者の選び方

収納のリフォーム業者を選ぶ際には、以下のポイントに注目することが大切です。

  1. 収納のリフォームの実績や経験が豊富かどうか
  2. まずは、業者の実績や経験を確認しましょう。過去にどのようなリフォームを手がけてきたか、口コミや評判はどうなのかなど、インターネットや口コミサイトで調べると良いでしょう。

  3. プランニング力や提案力があるかどうか
  4. リフォーム業者は、プランニングや提案力があるかどうかが重要です。自分自身でイメージしている収納の形やデザインを実現してくれるかどうか、効率的な収納方法を提案してくれるかどうかを確認しましょう。

  5. 価格や料金体系が明確かどうか
  6. リフォームの際には、費用面も重要なポイントです。業者によっては、見積もりを出す前に多額の費用を請求してくる場合があるため、料金体系が明確な業者を選ぶようにしましょう。

  7. アフターサポートが充実しているかどうか
  8. リフォーム後のトラブルや不具合に対応してくれるアフターサポートが充実している業者を選ぶと、安心してリフォームを進めることができます。

  9. 保証制度があるかどうか
  10. 保証制度がある業者を選ぶことで、万が一のトラブルに対しても保証が適用されるため、安心してリフォームを進めることができます。

  11. カスタマーサポートの対応が良いかどうか
  12. 業者のカスタマーサポートが丁寧で対応が良いかどうかも重要です。電話やメールでの問い合わせに迅速に対応してくれる業者を選ぶようにしましょう。

以上が、収納のリフォーム業者を選ぶ際に注目すべきポイントです。複数の業者を比較し、納得のいく業者を選ぶようにしましょう。

全国の収納リフォーム業者の一覧から探す

まとめ

収納のリフォームの種類には、クローゼット、ウォークインクローゼット、収納棚、キッチン収納、リビング収納、押入れのリフォームがあります。

収納のリフォームの費用は、施工内容や業者によって異なりますが、一般的には数十万円から数百万円程度が相場です。また、費用を抑える方法として、DIYでの施工や中古品の活用があります。

収納のリフォームの依頼の手順は、まずは業者選びを行い、見積もりを取り、契約を結びます。その後、工事期間中は業者とのコミュニケーションを密に取り、完成まで確認を行いましょう。

収納のリフォームの注意点としては、予算や工期、施工内容についてしっかりと決めておくことが重要です。また、施工前には必ず業者の過去の実績や口コミなどを調べ、信頼できる業者を選ぶようにしましょう。

収納のリフォーム業者の種類には、大手ハウスメーカー、リフォーム専門店、建築業者、個人事業主などがあります。業者選びのポイントとしては、実績や技術力、対応力、価格などを比較し、自分に合った業者を選ぶことが重要です。

  1. 外壁塗装|費用や料金・行い方・業者選び・注意点等

  2. リビングのリフォーム

    リビングのリフォーム|費用や料金・行い方・業者選び・注意点等

  3. コンテナの設置|費用や料金・取り扱い方・業者選び・注意点等

  4. フェンスのリフォーム|費用や料金・行い方・業者選び・注意点等

  5. 害虫駆除|費用や料金・行い方・業者選び・注意点等

  6. カビ防止作業|費用や料金・取り扱い方・業者選び・注意点等

  1. 省エネリフォーム|費用や料金・行い方・業者選び・注意点等

  2. 照明のリフォーム|費用や料金・行い方・業者選び・注意点等

  3. 消毒作業|費用や料金・行い方・業者選び・注意点等

  4. 消臭作業|費用や料金・行い方・業者選び・注意点等

  5. 消火設備の設置工事|費用や料金・行い方・業者選び・注意点等

  1. 省エネリフォーム|費用や料金・行い方・業者選び・注意点等

  2. 照明のリフォーム|費用や料金・行い方・業者選び・注意点等

  3. 消毒作業|費用や料金・行い方・業者選び・注意点等

  4. 消臭作業|費用や料金・行い方・業者選び・注意点等

  5. 消火設備の設置工事|費用や料金・行い方・業者選び・注意点等

匿名見積