フローリングのリフォーム|費用や料金・行い方・業者選び・注意点等

フローリングとは、床材の一種で、主に木材を使用して作られたものです。フローリングは、その美しさや温かみ、自然な風合いなどから、広く利用されています。フローリングは、一般的に、板状になっており、幅や厚み、長さは種類によって異なります。

一方、フローリングのリフォームとは、既存のフローリングを取り外して、新しいフローリングを敷き直す作業のことです。リフォームをすることで、古くなったフローリングの色褪せや傷みを修復し、新しいフロアのインストールを行うことができます。

フローリングのリフォームは、自分で行うこともできますが、専門家に依頼することがお勧めです。専門家は、適切な道具や技術を使って、素早く正確な仕事を行うことができます。以下に、フローリングのリフォーム工事に関する詳細を説明します。

フローリングの種類

フローリングには、さまざまな種類があります。以下では、代表的なフローリングの種類を説明します。

  1. ハードウッドフローリング
  2. ハードウッドフローリングは、木材を使用して作られたフローリングです。天然素材であるため、色、木目、質感などが豊富で、高級感があります。主に、オーク、メイプル、チェリー、ウォルナットなどの木材が使用されます。

  3. エンジニアードフローリング
  4. エンジニアードフローリングは、薄い木材の層を積層し、接着剤で接合した合板に木材の表層を張り合わせたものです。ハードウッドフローリングよりも強度があり、耐水性に優れています。また、厚みが薄く、取り付けが簡単であるため、DIYに向いています。

  5. ラミネートフローリング
  6. ラミネートフローリングは、木材の表面にプリントフィルムを貼り付け、それを高圧で圧着して作られたものです。ハードウッドフローリングやエンジニアードフローリングよりも、安価であり、取り付けが簡単であるため、DIYに向いています。また、耐摩耗性に優れ、汚れがつきにくいという特徴があります。

  7. バンブーフローリング
  8. バンブーフローリングは、竹を加工して作られたフローリングです。竹は、木材よりも成長が早く、再生可能な資源であるため、環境にやさしいフローリングとして注目されています。また、硬度が高く、耐久性に優れています。

  9. ビニールフローリング
  10. ビニールフローリングは、ビニールシートに木目模様をプリントしたものや、実際の木材の表層を薄く削り出し、ビニールシートに貼り付けたものがあります。価格が安く、耐水性、耐摩耗性に優れています。また、柔軟性があるため、寒い地域でも足触りが暖かいという特徴があります。

  11. 無垢材フローリング
  12. 無垢材フローリングは、天然木を切り出して作られた厚みのある板を使ったフローリングです。無垢材を使っているため、傷がついても簡単に補修でき、長期的に使うことができます。また、素材の特性を生かして、年月を経て深みを増したり、木目が美しく変化するなど、風合いが楽しめます。ただし、高価なため、費用がかかることが欠点です。また、施工には専門的な知識や技術が必要であり、DIYでは難しいとされています。

  13. フローリング板
  14. フローリング板は、木材を細く削って作られた薄い板を組み合わせて床を作るタイプのフローリングです。フローリングの中でも比較的安価で、施工が容易であるため、DIYでも取り組めることがあります。ただし、板の継ぎ目が目立ちやすいため、インテリアとの相性を考慮する必要があります。また、耐久性に限界があり、すぐに傷がついたり変色したりすることもあります。

  15. クリック式フローリング
  16. クリック式フローリングは、接着剤なしで組み立てることができるフローリングです。それぞれの板の側面にある溝と舌を組み合わせて簡単に施工することができます。フローリング板に比べ、継ぎ目が目立ちにくく、フローリングの色やデザインにバリエーションがあるため、インテリアのアクセントにもなります。また、交換が容易であるため、メンテナンス性に優れています。

以上が、代表的なフローリングの種類です。どの種類が最適かは、目的や予算、使用環境、デザインなどの要素によって異なります。また、フローリングを選ぶ際には、素材の特性やメンテナンス方法にも注意が必要です。例えば、ハードウッドフローリングは美しさや高級感がある反面、定期的なメンテナンスが必要です。一方で、ビニールフローリングは手入れが簡単で、水洗いが可能ですが、耐久性はあまり高くありません。

適切なフローリングを選ぶためには、まずは自分の好みや予算、環境、メンテナンスなどについて十分に考え、それを踏まえて適切なフローリングを選ぶことが大切です。また、フローリングの選び方やメンテナンス方法については、フローリングのメーカーや販売店などに相談することもおすすめです。

フローリングのリフォームの種類

フローリングのリフォームには、いくつかの種類があります。以下では、代表的なものを説明します。

  1. フローリングの再塗装
  2. フローリングの再塗装は、古くなったフローリングを綺麗にし、新しいように見せる方法です。古い塗料を剥がし、フローリングの表面を研磨してから、新しい塗料を塗ります。再塗装には、油性塗料と水性塗料の2種類があり、それぞれのメリットとデメリットがあります。

  3. フローリングの研磨とコーティング
  4. フローリングの研磨とコーティングは、古くなったフローリングを磨いて表面を平滑にし、コーティングを施して保護する方法です。この方法は、再塗装よりも長期的な効果があり、フローリングの耐久性を向上させます。

  5. フローリングの張り替え
  6. フローリングの張り替えは、古くなったフローリングを完全に取り替える方法です。新しいフローリングを敷くために、既存のフローリングを剥がし、床下地の補修を行います。張り替えは、フローリングが大幅に傷んでいる場合や、スタイルを変更したい場合に適しています。

  7. フローリングの貼り換え
  8. フローリングの貼り換えは、フローリングの種類を変更するために行われます。例えば、カーペットからフローリングに変更したい場合などが該当します。既存のフローリングを取り除き、新しいフローリングを敷く作業が含まれます。

  9. フローリングの拡張
  10. フローリングの拡張は、既存のフローリングに新しいフローリングを追加することで行われます。これは、リフォームが部分的に行われる場合や、新しい部屋が追加された場合に適しています。

以上が、代表的なフローリングのリフォームの種類です。どの方法が最適かは、フローリングの状態や目的に応じて異なります。専門家に相談して、最適な方法を選ぶことをお勧めします。

ローリングのリフォームの費用と相場

フローリングのリフォーム費用は、以下のような要素によって異なります。

  • 床面積
  • 床面積が大きいほど、費用も高くなります。

  • フローリング材料の種類
  • フローリング材料によって価格が異なります。例えば、天然木のフローリングは人工的なものよりも高価です。

  • 工事内容
  • 既存の床材の撤去や下地処理、設置方法によって工事費が異なります。

  • 地域
  • 地域によって工事費や材料費に差がある場合があります。

一般的に、フローリングのリフォーム費用は、床面積あたり2万円から10万円程度とされています。ただし、フローリング材料の種類や工事内容によっては、10万円を超える場合もあります。

例えば、20平方メートルの部屋に天然木のフローリングを設置する場合、工事費を含めて30万円程度が相場とされています。一方、同じ床面積の部屋にビニールフローリングを設置する場合は、工事費を含めて15万円程度が相場とされています。

ただし、これらはあくまでも一般的な相場であり、地域や業者によって費用が異なる場合があります。そのため、複数の業者から見積もりを取り、比較検討することが大切です。

フローリングのリフォームの費用の抑え方

フローリングのリフォームの費用を抑える方法は、以下のようなものがあります。

  1. フローリング材料を選ぶ
  2. フローリング材料によって価格が異なるため、リーズナブルな価格のものを選ぶことで費用を抑えることができます。例えば、天然木のフローリングは高価なため、人工的なものや合板のフローリングを選ぶことで費用を抑えることができます。

  3. DIYで工事する
  4. フローリングのリフォームは、比較的簡単にDIYで行うことができます。自分で工事をすることで、工事費を節約できます。ただし、工具や技術が必要なため、自分で行う場合は事前に十分に準備をしておくことが大切です。

  5. フロアタイルやカーペットなどの代替品を検討する
  6. フローリングのリフォームには、フロアタイルやカーペットなどの代替品もあります。これらの代替品は、フローリングに比べて価格が安いため、費用を抑えることができます。

  7. 中古品を検討する
  8. 中古のフローリング材料を利用することで、新品に比べて費用を抑えることができます。ただし、中古品であっても品質に問題がないか確認することが大切です。

  9. 複数の業者から見積もりを取る
  10. 複数の業者から見積もりを取り、価格を比較することで、費用を抑えることができます。

これらの方法を組み合わせることで、より費用を抑えることができます。ただし、工事費を削りすぎると、工事の品質や耐久性に問題が生じる可能性があるため、十分な検討が必要です。

フローリングのリフォームの依頼の手順

フローリングのリフォームを依頼する際の一般的な手順は、以下の通りです。

  1. リフォーム会社の選定
  2. インターネット検索や口コミなどを参考に、信頼できるリフォーム会社を選定します。また、複数の会社から見積もりを取り、価格や工事内容、施工実績などを比較することが大切です。

  3. 現地調査
  4. 選定したリフォーム会社が現地調査を行います。調査では、フローリングの状態やリフォームする部屋の広さ、工事内容などを確認し、リフォームに必要な材料や工具、期間、費用などを算出します。

  5. 見積もりの提示
  6. 調査結果をもとに、リフォーム会社から見積もりが提示されます。見積もりには、工事費や材料費、消費税などが含まれています。また、見積もりには工事内容や工期、保証内容なども含まれますので、しっかりと確認しましょう。

  7. 契約の締結
  8. 見積もりに納得ができたら、リフォーム会社と契約を締結します。契約には、工事内容や期間、価格、支払い方法、保証内容などが明記されているため、必ず確認してから契約を締結しましょう。

  9. 工事の実施
  10. 契約締結後、リフォーム会社が工事を実施します。工事期間中は、職人さんが出入りするため、工事に影響を受けないように部屋の移動や家具の移動などの準備が必要です。

  11. 完工確認
  12. 工事が終わったら、リフォーム会社と工事内容が契約通りに実施されているかを確認しましょう。不備があれば、修正を依頼することができます。

  13. 支払いの完了
  14. 工事が完了したら、支払いを行います。支払い方法は契約時に決定しているため、契約内容に沿って支払いを行いましょう。

以上が、一般的なフローリングのリフォームの依頼手順となります。

全国のフローリングリフォーム業者の一覧から探す

フローリングのリフォームの注意点

フローリングのリフォームにおいて注意すべき点は以下の通りです。

  1. 現地調査の重要性
  2. リフォームの前に、現地調査を行うことが重要です。フローリングの状態や周辺環境を確認し、リフォームに必要な材料や工具、工事期間、費用などを正確に算出することができます。

  3. 予算の見直し
  4. リフォーム前に、費用をきちんと見積もりし、予算内でリフォームができるようにすることが大切です。また、見積もりには工事内容や保証内容なども含まれるため、全てを比較して選定することが必要です。

  5. 床下の確認
  6. 床下を確認し、湿気やカビ、虫害などがないかをチェックすることが重要です。床下が劣悪な状態だと、新しいフローリングが傷みやすくなり、長期的な使用に影響を及ぼすことがあります。

  7. 施工前の準備
  8. リフォーム施工前に、家具や家電製品を移動し、フローリングを取り外すためのスペースを確保する必要があります。また、床下の状態を確認するために、床下にあるものを移動する必要がある場合があります。

  9. 施工中の注意
  10. 施工中は、床材を取り外したり、新しい床材を敷いたりするため、職人さんが出入りします。そのため、作業スペースを確保し、工事に影響を受けないように注意することが必要です。

  11. 施工後のメンテナンス
  12. リフォームが終了した後は、定期的なメンテナンスが必要です。掃除や保護剤の塗布など、正しい方法でメンテナンスを行うことで、フローリングの寿命を延ばすことができます。

以上が、フローリングのリフォームにおいて注意すべき点です。リフォームを依頼する前に、注意点をしっかりと理解し、問題なくリフォームを行うようにしましょう。

フローリングのリフォームを行う業者の種類

フローリングのリフォームを行う業者には、以下のような種類があります。

  1. リフォーム会社
  2. リフォーム会社は、リフォーム全般を扱う業者です。フローリングのリフォームも請け負っており、リフォーム会社に依頼することで、他のリフォーム工事と同時にフローリングのリフォームも行うことができます。

  3. フローリング専門業者
  4. フローリング専門業者は、フローリングのリフォームに特化した業者です。フローリングのリフォームに関する知識や技術が豊富であり、高い品質の工事が期待できます。

  5. 建材店
  6. 建材店は、フローリング材料の販売や施工を行う業者です。施工については、専門の職人さんに委託している場合が多く、建材店に依頼することで、材料と施工を一括して購入することができます。

  7. 工務店
  8. 工務店は、建築工事全般を行う業者です。リフォームだけでなく、新築工事にも対応しています。フローリングのリフォームについても請け負っており、大規模なリフォーム工事にも対応可能です。

以上が、フローリングのリフォームを行う業者の種類です。依頼する業者を選ぶ際には、それぞれの業者の特徴や強みを比較し、自分の要望に合った業者を選ぶことが大切です。また、業者選びの際には、口コミや評価を参考にすることも重要です。

全国のフローリングリフォーム業者の一覧から探す

フローリングを行う業者の選び方

フローリングのリフォームを行う業者を選ぶ際には、以下のポイントを考慮することが重要です。

  1. 施工実績や評判
  2. 業者の施工実績や評判を確認することが大切です。インターネット上で口コミや評価を調べるだけでなく、実際に施工現場を見学することができれば、より信頼性の高い情報を得ることができます。

  3. 料金の見積もり
  4. 複数の業者から料金の見積もりを取り、比較することが大切です。ただし、料金が安いからといって必ずしも良い業者とは限らないので、料金だけでなく、施工実績や評判、保証内容なども考慮しましょう。

  5. 施工内容や技術力
  6. 業者の施工内容や技術力を確認することも重要です。施工の品質が高ければ、長期間にわたって美しい仕上がりを維持することができます。また、施工に使用する材料や工具も重要です。安価な材料や工具を使っている業者は、施工品質が低下することがあります。

  7. 保証内容
  8. 施工後のトラブルに対する保証内容も重要です。業者によっては、施工後一定期間内に発生した不具合に対して無償で修理や補修を行う保証を提供している場合もあります。保証内容を確認しておくことで、トラブルが発生した場合に迅速かつ適切に対応してもらえるかを判断することができます。

  9. 業者とのコミュニケーション
  10. 業者とのコミュニケーション能力も重要です。相談や質問に対して、迅速・丁寧に対応してくれる業者を選ぶことで、トラブルが発生した際にも安心して相談できます。

以上のポイントを考慮し、複数の業者を比較することで、自分に合った信頼性の高い業者を選ぶことができます。

全国のフローリングリフォーム業者の一覧から探す

まとめ

  • フローリングのリフォームには、張り替えや重ね貼り、リメイクなどの種類があります。
  • フローリングの種類には、フローリング板やクリック式フローリング、無垢材フローリングなどがあります。
  • フローリングのリフォームの費用は、材料費や施工費、撤去費用などで構成され、平均的な相場は約1,000円~2,000円/㎡程度です。
  • フローリングのリフォームの費用を抑える方法としては、複数の業者から見積もりを取る、材料や施工方法を選ぶことが挙げられます。
  • フローリングのリフォームを依頼する際には、業者の施工実績や評判、料金、施工内容や技術力、保証内容、業者とのコミュニケーション能力などを考慮して選ぶことが大切です。
  • リフォーム前には、フローリングの状態や材質、設置場所、使用目的などを考慮し、適切なリフォーム方法や材料を選ぶことが重要です。
  • リフォーム後には、フローリングの適切なメンテナンスや清掃を行い、長期間にわたって美しい仕上がりを維持することが大切です。
  • フローリングのリフォームを行う業者には、リフォーム専門業者、建築業者、フローリングメーカー、ホームセンターなどがあります。
  • フローリングのリフォームを行う業者を選ぶ際には、複数の業者から見積もりを取り、価格や施工方法、保証内容などを比較検討することが重要です。
  • 業者を選ぶ際には、実績や評判を確認することや、業者とのコミュニケーションがスムーズにできるかを確認することも大切です。
  • リフォーム前には、フローリングの状態をしっかりと確認し、必要に応じて下地処理や補修を行い、リフォームのクオリティを高めることが大切です。
  • リフォーム後には、フローリングの適切なメンテナンスや清掃を行い、長期間にわたって美しい仕上がりを維持することが大切です。定期的なメンテナンスを怠らず、フローリングを長く美しく保つことができるようにしましょう。

  1. スペアキー|費用や料金・取り扱い方・業者選び・注意点等

  2. 介護リフォーム|費用や料金・行い方・業者選び・注意点等

  3. エアコンの設置工事|費用や料金・やり方・業者選び・注意点等

  4. テレビの設置工事|費用や料金・取り扱い方・業者選び・注意点等

  5. 収納のリフォーム|費用や料金・行い方・業者選び・注意点等

  6. 鑿泉(さく泉)工事|費用や料金・取り扱い方・業者選び・注意点等

  1. 省エネリフォーム|費用や料金・行い方・業者選び・注意点等

  2. 照明のリフォーム|費用や料金・行い方・業者選び・注意点等

  3. 消毒作業|費用や料金・行い方・業者選び・注意点等

  4. 消臭作業|費用や料金・行い方・業者選び・注意点等

  5. 消火設備の設置工事|費用や料金・行い方・業者選び・注意点等

  1. 省エネリフォーム|費用や料金・行い方・業者選び・注意点等

  2. 照明のリフォーム|費用や料金・行い方・業者選び・注意点等

  3. 消毒作業|費用や料金・行い方・業者選び・注意点等

  4. 消臭作業|費用や料金・行い方・業者選び・注意点等

  5. 消火設備の設置工事|費用や料金・行い方・業者選び・注意点等

匿名見積